和歌山・南紀スポーツ合宿案内

千里の浜

アオウミガメの産卵地としても有名な美しい浜

長さ約1.3キロの美しい砂浜。かつて「白砂清松の浜」と呼ばれ、熊野詣での一部でした。都と熊野を繋ぐ古道の中で唯一の浜を歩く部分で、海岸近くには千里梅林が広がっており、白い梅の花と青い海との美しいコントラストが見ものになっています。現在では、絶滅危惧種に指定されているアカウミガメの産卵地としても有名。5月下旬から8月上旬の産卵期に浜を訪れ、新しい命を世に送り出します。全国的にも規模の大きな産卵地として、名勝と共に天然記念物に指定されています。 (アカウミガメの産卵期:毎年5月下旬~8月上旬)

【 DATA 】

  • 住所みなべ町山内
  • TEL 0739-74-8787(みなべ町観光協会)
  • HP